盤上で流血しすぎ

月下の棋士、再読了。

変人が次から次へと登場するイメージだったけど、再生怪人の如くわりと使いまわしてたんねー。大和天空とか出オチと思いきや重要人物だったし。村森はまあモデル的になとこあるけど。

初期段階から伏線がかなり張り巡らされてる。初読ん時は全然気付かなくて緻密さに吃驚。大和岬が将棋番組にチラ出してんのは当時から見つけてましたががが。

能條作品のメガネでスカした人はキャラ崩壊して奇行の挙句に破滅するのが相場ですが、滝川に関しては十中八九、村木の奥さんが悪い。そりゃ死んでくれ言われる罠。

やはり名作でした。ちゅぱちゅぱ。
[PR]

by zan9h | 2017-07-06 18:12 | 雑記 | Comments(0)